本文へ移動

事業内容

私たちは「科学技術で人々の幸せと健康に貢献する」ことを目的として、
研究開発ならびに事業活動を行います
Innovation by Protein Engineering

研究支援製品

特許技術により開発された抗体結合タンパク質 Protein A-R28はヒト以外でマウスやラットといったこれまで精製が困難であった生物種のIgGに対して高いアフィニティーを有します。このような特徴を有する Protein A-R28を多点で高密度に固定化したゲル担体 Ab-Capcherを2008年に販売を開始しました。
 
Ab-Capcherは、従来のプロテインAゲルの限定された適応抗体種や結合量の低さを解決した画期的なアフィニティーゲル担体で、多くのユーザーから支持を得ています。さらなる高結合を達成した製品開発にも成功し、Ab-Capcher ExTra として、2011年に販売を開始しました。
 
また応用開発品として2013年に細胞への高い導入効率と低細胞毒性を達成した抗体トランスフェクション試薬「Ab-Carrier」の販売を開始しました。
2014年に抗体精製用磁気ビーズの販売を始めています。2015年には耐アルカリ型で高結合のProtein L-Agarose HC/MAGの事業化に成功しました。
 
2010年12月にアガロースゲル担体の世界的バルク供給メーカーであるスペインの Agarose Bead Technologies社と提携して、同社のヒスタグならびにGST融合タンパク質精製用アフィニティーゲル担体、タンパク質固定化用ゲル担体、ゲルろ過用ゲル担体の国内販売を開始しました。
同製品群は抗体精製用アフィニティーゲル担体 Ab-Capcher 関連製品と併せてタンパク質精製支援製品分野を広くカバーしています。

受託サービス

これまでのタンパク質の微量精製ならびに微量分析技術を応用して、糖鎖の高感度組成分析ならびにシアル酸分析法の開発を実施してきました。
その成果として、2010年から糖組成高感度解析サービスとシアル酸分析サービスを開始し、新たな糖解析分野へ進出しています。

抗体医薬製造用抗体結合タンパク質

創業時からの研究開発テーマである「産業上の有用な抗体結合タンパク質の開発」は、製品名「Protein A-R28」として事業化に成功しています。2009年には国内特許が成立し、2013,4年に欧州と米国で特許査定を受けています。
 
Protein A-R28 は ISO9001での大量製造法が確立することで安定的な供給が可能となりました。2010年からはゲル製造メーカーへバルク供給を開始しています。
Protein A-R28 はヒトやマウス・ラットのIgGに高い結合能を示すとともにアルカリに対して耐性が高いことから、急成長を続ける抗体医薬市場において安価な水酸化ナトリウムによる洗浄が可能となり製造効率が向上することで抗体医薬の製造原価の大幅な削減に貢献する画期的製品です。
 
2012年には、抗体結合タンパク質のさらなる高機能化に成功し、Protein A-R40を製品化しました。2015年、低分子化抗体に対応したProtein L-T36の開発に成功し、供給を開始しました。今後、さらなる産業利用に有用な抗体結合タンパク質の開発ならびに事業化を目指します。
TOPへ戻る