本文へ移動

ニュースリリース

新着情報

・2018.7.24
平成29年度補正ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金に採択されました。
・2018.6.15
「Ab-Capcher MAG2」を発売開始しました。

2018.1.10

平成29年度 かがわ中小企業応援ファンド成果事例集(p.10-11)に会社紹介記事が掲載されました。

 

2017.3.17

平成28年度補正革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金に採択されました。

 

2016.3.23

「高結合プロテインLアフィニティゲル担体 Protein L-Agarose HC Mグレード」 を発売開始しました。

 

2016.2.22

アプリケーションデータ

  No.048Ab-Capcher ExTra Protein L を用いたヒト IgG Fab fragmentの精製」

を追加しました。

 

2016.2.19

アプリケーションデータ

  No.044Protein L を用いたマウス・ラット血清からの IgG 精製」

  No.045Protein L を用いたラットモノクローナル IgG1 精製」

  No.046Protein L を用いたラットモノクローナル IgG2a 2段階精製」

  No.047Protein L HC-S を用いて精製したマウス・ラット血清IgGのアイソタイピング試験」

を追加しました。

 

2016.2.17

日経産業新聞に、新製品「Protein L-Agarose HC」を紹介する記事が掲載されました。

 

2015.12.1

121日より、新製品「高結合プロテインLアフィニティゲル担体/磁気ビーズ Protein L-Agarose HC/MAG を発売開始します。

 

2015.11.1

アプリケーションデータ  No.043「高pHバッファーを用いたマウスIgG1精製の検討」 を追加しました。

 

アプリケーションデータ

  No.037ReVERSE-AVIDIN を用いたビオチン化 IgG の結合溶出試験」

  No.038ReVERSE-AVIDIN とビオチン化 IgG の結合反応時間の検討」

  No.039ReVERSE-AVIDIN とビオチン化 IgG の添加容量の検討」

  No.040ReVERSE-AVIDIN を用いた ビオチン化 IgG 添加回収試験: HeLa細胞抽出液」

  No.041ReVERSE-AVIDIN を用いた ビオチン化 IgG 添加回収試験: 大腸菌抽出液」

  No.042ReVERSE-AVIDIN 結合タンパク質のStreptavidin ゲル前処理による除去」

を追加しました。

 

新製品「ビオチン標識タンパク質精製用スピンカラム ReVERSE-AVIDIN Spin Column が発売になりました。

 

2015.4.1

平成27年度かがわ中小企業応援ファンド事業(成長のエンジンとなる分野支援事業)に採択されました。

 

2015.3.27-29

<<展示会情報>>

   日本農芸化学会2015年度大会 附設展示会 に出展いたします

     <会場> 岡山大学津島キャンパス

          第二体育館 小間 No.BB-22

     <期間> 2015327(金)~29()

 

2015.1.5

東かがわラボ 開設

 

2014.10.16-18

<<展示会情報>>

    第87回 日本生化学会大会 附設展示会 に出展いたします

     <会場> 国立京都国際会館

              小間 No.53

     <期間> 20141016(木)~18()

 

2014.10.6

アプリケーションデータ No.036Ab-Capcher Mag : Protein G 磁気ビーズとの比較」を追加しました。

 

2014.10.2

日刊工業新聞にプロテノバを紹介する記事が掲載されました。

 

2014.7.8

アプリケーションデータ No.035Ab-Capcher Mag のアルカリ洗浄耐久性試験」を追加しました。

 

2014.6.30

平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業補助金に採択されました。

 

2014.4.28

アプリケーションデータ No.031Ab-Capcher Mag を用いたマウス血清からの IgG 精製」

アプリケーションデータ No.032Ab-Capcher Mag IgG 捕捉率に対する反応時間の効果」

アプリケーションデータ No.033Ab-Capcher Mag のヒトIgG 捕捉率に対するサンプル量の影響」

アプリケーションデータ No.034Ab-Capcher Mag を用いた中規模 IgG 精製」

を追加しました。

 

新製品「抗体精製アフィニティ磁気ビーズ Ab-Capcher Mag が発売になりました。

 

2013.12.13

公益財団法人かがわ産業支援財団発行情報誌「かがわ産業情報21」201312月号にプロテノバ(株)紹介記事が掲載されました。

 

2013.11.29

アプリケーションデータ No.030Ab-Capcher を用いて精製したマウス・ラット血清IgGのアイソタイピング試験」を追加しました。

 

2013.10.17

2013年10月17日発行の「ビジネス香川」にプロテノバの紹介記事が掲載されました。

 

2013.9.1

HisTag 精製用スピンカラム HisTag-SPiN」&バッファーキット「HisTag-Buffer Kit」を発売開始しました。

 

2013.8.29

アプリケーションデータ No.A006HisTag-SPiN Cobalt Nickel カラムの精製検討」を追加しました。

 

アプリケーションデータ No.A007HisTag-SPiN Nickel から Cobalt カラムへの連続精製」を追加しました。

 

2013.9.1

<期間限定>『Hisタグ精製用ゲル キャンペーンのお知らせ』

期間中、対象商品を1個ご購入いただくと、無償でもう1個添付いたします。

 

201391日~2013930日まで

 

2013.7.23

『重要なお知らせ』

アプリケーションデータ No.10Ab-Capcher を用いたラットモノクローナルIgG1IgG2aの精製」に関するお詫びと訂正

 

2013.6.21

平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金に採択されました。

 

2013.5.8-10

BIO tech 2013 / 12回国際バイオテクノロジー展(東京ビッグサイト)にブース出展しました。

 

2013.5.1

「抗体トランスフェクション試薬 Ab-Carrier (エービーキャリア-)」を発売開始しました。

 

2013.4.19

『重要なお知らせ』

<バイオマーカー探索、バイオマーカー精製・同定 受託解析サービス期間延長のご案内>

 

2013.4.18

日経産業新聞に新製品「抗体トランスフェクション試薬 Ab-Carrier (エービーキャリア-)」を紹介する記事が掲載されました。

 

2013.4.17

日本経済新聞に新製品「抗体トランスフェクション試薬 Ab-Carrier (エービーキャリア-)」を紹介する記事が掲載されました。

 

2013.4.1

平成25年度かがわ中小企業応援ファンド事業(地域企業国内販路開拓支援事業県外見本市出展支援)に採択されました。

 

2012.10.1

平成24年度かがわ中小企業応援ファンド事業(新分野等チャレンジ支援事業)に採択されました。

 

2012.8.30

会社ロゴマークが新しくなりました。

 

2012.6.12

「バイオインダストリー」20127月号(シーエムシー出版社)に耐アルカリ性抗体精製用アフィニティ-ゲル担体『Ab-Capcher ExTraTM』の特集記事が掲載されました。

 

2012.4.25

耐アルカリ性抗体精製用プレパックカラム『Ab-Rapid PuRe EXTM-2mL』が発売になりました。

 

耐アルカリ性抗体精製用スピンカラム『Ab-Rapid SPiN EXTM-5mL』が発売になりました。

 

2012.4.18

『重要なお知らせ』

<バイオマーカー探索、バイオマーカー精製・同定 受託解析サービス終了(予定)のご案内>

 

2012.2.27

耐アルカリ性抗体精製用プレパックカラム『Ab-Rapid PuRe EXTM』が発売になりました。

 

アプリケーションデータ No.024Ab-Rapid PuRe EX によるマウスモノクローナルIgG1のワンステップ精製」を追加しました。

 

2012.2.1

ABT His-tag精製用 ニッケル-NTA アガロースレジンが発売になりました。

 

ABT タンパク質固定化ゲル担体 Glyoxal&Aminoethyl 耐圧タイプ「Rapid Run」が発売になりました。

 

2012.1.23

アプリケーションデータ No.023Ab-Capcher によるマウスIgM の精製」を追加しました。

 

実験医学増刊号(vol.30 No.2)(羊土社)に 抗体精製用ゲル の広告が掲載されました。

 

2011.12.20

実験医学20121月号(羊土社)に 抗体精製用ゲル の広告が掲載されました。

 

2011.12.13-16

<<学会情報>>

  第34回日本分子生物学会年会 附設展示会 に出展致しました。

   開催日:平成23年12月13日(火)~16日(金)

   会場 :パシフィコ横浜

 

2011.12.1

食品と開発201112月号(UBMメディア社)に 糖組成分析 の広告が掲載されました。

 

2011.10.26

日刊工業新聞にプロテノバの特許技術を用いた抗体精製用の新製品を紹介する記事が掲載されました。

 

2011.10.20

実験医学201111月号(羊土社)に 抗体精製用ゲル の広告が掲載されました。

 

2011.10.1

耐アルカリ性抗体精製用アフィニティ-ゲル担体『Ab-Capcher ExTraTM』が発売になりました。

 

2011.9.21

実験医学201110月号(羊土社)に 抗体精製用ゲル の広告が掲載されました。

 

2011.9.21-24

<<学会情報>>

    第84回 日本生化学会大会 附設展示会 に出展致します

     <会場> 国立京都国際会館

     <期間> 2011922(木)~24()

 

2011.8.26

『重要なお知らせ』

  抗体精製用スピンカラム「Ab-Rapid SPiN 」ご使用時の注意

 

2011.8.1

GST融合タンパク質精製用 ABT グルタチオンアガロースゲル 価格を改正しました。

 

  ◆10 mL グルタチオンアガロースゲル 4B-GLU-10

      \ 26,000(税別) ->  \ 23,400(税別)

 

  ◆100 mL グルタチオンアガロースゲル 4B-GLU-100

      \160,000(税別) ->  \144,000(税別)

 

2011.7.28

平成23年度「民間企業の研究開発力強化及び実用化支援事業(新規産業創造技術開発費補助金)」に採択されました。

 

2011.7.22

アプリケーションデータ No.022Ab-Rapid SPiN を用いたラット血清からのIgG精製」を追加しました。

 

2011.7.20

【お知らせ】

Ab-Rapid PuRe (抗体精製用アフィニティカラム 2本入り, 10本入)には、2.5 mL ディスポシリンジ 1本を添付することと致しました。

 

2011.6.21

アプリケーションデータ No.021Ab-Rapid SPiN を用いた各種動物血清からのIgG精製」を追加しました。

 

2011.4.12

ABT ゲルろ過用アガロースゲル担体販売を開始しました。

 

2011.4.4

アプリケーションデータ No.020Ab-Capcher のアルカリ安定性」を追加しました。

 

2011.4.1

平成23年度かがわ中小企業応援ファンド事業(先端的技術シーズ実用化支援事業)に採択されました。

 

平成23年度かがわ中小企業応援ファンド事業(地域企業国内販路開拓支援事業県外見本市出展支援)に採択されました。

 

2011.3.28-31

<<学会情報>> **** 開催中止となりました ****

日本薬学会第131年会(静岡)にて学会発表を致します。

演題番号:29P-0424 「Protein A-R28 を利用した抗体修飾ナノ粒子の開発」

(大野 さゆみ1,濱 進1,三橋 尚登2,土谷 博之1,真島 英司2,小暮 健太朗1 ; 1京都薬大,2プロテノバ)

 

2011.1.21

実験医学20112月号(羊土社)に ABT アフィニティゲル の広告が掲載されました。

 

2011.1.7

ABTゲル担体 アプリケーションデータ No.A005HIGH Density NICKEL Ni-NTA の比較」を追加しました。

 

2010.12.7-10

<<展示会情報>> BMB2010(日本生化学会・分子生物学会合同大会)附設展示会に出展いたしました。

    展示会期◆ 2010127日(火)~10日(金)

    展示会場◆ 神戸ポートアイランド (神戸国際展示場 3号館)

 

2010.12.3

ABTゲル担体 アプリケーションデータ No.A001Glyoxal レジン固定化に対する pH の効果」を追加しました。

 

ABTゲル担体 アプリケーションデータ No.A002「固定化スクリーニングキットの使用例」を追加しました。

 

ABTゲル担体 アプリケーションデータ No.A003「各種固定化金属レジンの結合容量の比較」を追加しました。

 

ABTゲル担体 アプリケーションデータ No.A004「各種固定化金属レジンの精製例 - 電気泳動結果による純度の比較」を追加しました。

 

アプリケーションデータ No.1830 fmol huトランスフェリン糖鎖のシアル酸分析」を追加しました。

 

アプリケーションデータ No.19 「マウス IgG1 の糖組成分析 」を追加しました。

 

2010.12.1

ABTのアフィニティ精製ゲル担体の販売を開始しました。

 

2010.11.17

アプリケーションデータ No.173種類のシアル酸の定量分析」 を追加しました。

 

2010.11.4

アプリケーションデータ No.16Ab-Rapid SPiNを用いた低濃度IgGの繰返し添加による精製」 を追加しました。

 

2010.9.21

Ab-Rapid SPiNTM 評価用サンプルの無償配布を開始しました。

 

アプリケーションデータ No.15Ab-Rapid SPiNを用いたマウスモノクローナルIgG1の精製」 を追加しました。

 

実験医学201010月号(羊土社)に Ab-Rapid SPiNTM の広告が掲載されました。

 

抗体精製用スピンカラム Ab-Rapid SPiN TM が発売になりました。

 

2010.9.3

アプリケーションデータ No.13「トランスフェリン糖鎖の糖組成分析」 を追加しました。

 

アプリケーションデータ No.14「ウシ顎下腺由来ムチンの分析」 を追加しました。

 

2010.9.1

シアル酸分析 受託サービス を開始しました。

 

2010.7.22

細胞工学20108月号(秀潤社)に Ab-Rapid PuReTM の広告が掲載されました。

 

2010.7.20

実験医学別冊「創薬・タンパク質研究のためのプロテオミクス解析」(羊土社)にバイオマーカー探索 受託サービスの広告が掲載されました。

 

2010.7.13

Ab-Capcher ユーザーの声を公開しました。

 

2010.6.23

アプリケーションデータ No.1111種類の標準単糖の定量分析」 を追加しました。

アプリケーションデータ No.12「ウロン酸(グルクロン酸、ガラクツロン酸)の定量分析」 を追加しました。

 

2010.4.14

糖組成分析 受託サービスを開始しました。

 

2010.4.1

平成22年度かがわ中小企業応援ファンド事業(地域企業国内販路開拓支援事業県外見本市出展支援)に採択されました。

 

2010.3.28-30

<<展示会情報>> 日本農芸化学会2010年度大会附設展示会に出展いたしました。

    展示会期◆ 2010328日(日)~30日(火)

    展示会場◆ 東京大学 駒場キャンパス

 

2009.11.5

求人募集  <<<募集は終了しました。>>>

 

弊社では、以下の人材を募集しています。

 

・「香川県先端技術産業研究人材集積促進事業」に関わる人材の募集

 

<募集内容>

 

【研究補助員】

  1

【応募資格】

  理・工・農学部等の理学系大学学部出身者で生化学・化学・生物学の知識を有し、実験経験のある者。

【業務内容】

  指示された化学反応実験を実施し、質量分析計や液体クロマトグラフィで反応物を分析してもらいます。

 

 

※お問い合わせは、以下までお願いいたします。

 

プロテノバ株式会社 高松ラボ

761-0301 香川県高松市林町2217番地44 ネクスト香川201号室

TEL/FAX 087-897-2073

担当者:三橋

 

2009.11.1

平成21年度香川県先端技術産業研究人材集積促進事業に採択されました。

 

2009.10.21-24

82回日本生化学会大会(神戸)にて附設展示会出展およびポスター発表 (2P-470) 致しました。 

 

2009.9.14

平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援補助金(試作開発等支援事業)に採択されました。

 

平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援補助金(実証等支援事業)に採択されました。

 

2009.7.7

Ab-Rapid PuReTM -特許物質 Protein A-R28 による抗体精製用アフィニティカラム- 販売を開始しました。

 

日本薬学会会誌「ファルマシア」 Vol.45 No.7 2009 p.705 に真島の寄稿が掲載されました。

 

2009.4.20

17th全国クロマト学術報告会(中国)にて講演しました。

 

2009.4.1

平成21年度かがわ中小企業応援ファンド事業(地域企業国内販路開拓支援事業県外見本市出展支援)に採択されました。

 

2008.12.12

日経産業新聞にプロテノバの特許技術を用いた抗体精製用製品を紹介する記事が掲載されました。

 

2008.12.11

日本経済新聞にプロテノバの特許技術を用いた抗体精製用製品を紹介する記事が掲載されました。

 

2008.12.9-12

BMB2008 生化学会・分子生物学会合同大会(神戸)にてポスター発表いたしました(3P-0130)

 

2008.12.1-3

38回日本免疫学会総会にブース出展いたしました。

 

2008.11.25

Ab-CapcherTM -特許物質 Protein A-R28 によるラット・マウス抗体精製用 ゲル担体- 販売を開始しました。

 

2008.11.1

WesternChipTM -オンチップ・アフィニティトラップ法によるターゲットタンパク質 受託解析サービス- を開始しました。  - 2012年4月 サービスは終了しました。-

 

2008.10.3

徳島新聞にプロテノバ(株)受託サービス紹介記事が掲載されました。

 

2008.8.28

財団法人かがわ産業支援財団発行情報誌「かがわ産業情報21」2008年9月号にプロテノバ(株)紹介記事が掲載されました。

 

2008.8.27

毎日新聞・四国経済版にプロテノバ(株)受託サービス紹介記事が掲載されました。

 

2008.7.23

香川県HPにプロテノバ(株)受託サービス紹介記事が掲載されました。

「ネクスト香川に入居するプロテノバ(株)がバイオマーカー探索・精製受託サービスを開始!」

 

2008.7.7

日経BPBiotechnology Japan (ウェブサイト) にプロテノバ(株)受託サービス紹介記事が掲載されました。

 

2008.5.12

バイオマーカー探索 受託解析サービスを始めました。

 

タンパク質精製・同定 受託解析サービスを始めました。

 

プロテノバ(株)は、バイオ・ラッド ラボラトリーズ(株)とProteinChip® SELDIシステムを用いた

バイオマーカー探索受託サービスに関するライセンス契約を結びました。

 

2008.5.7

平成20年度かがわ中小企業応援ファンド事業に採択されました。

 

2008.3.26-28

日本薬学会第128年会(横浜)に発表いたしました。

TOPへ戻る