プロテノバ株式会社
TOP 会社概要 事業案内 お問い合わせ 新着情報 学会・セミナー 刊行物・論文 アクセス サイトマップ

Ab-Rapid PuRe FAQ



Q1. Ab-Rapid PuReカラムの他に準備するものは?
Q2. ラットの抗体は精製できますか?
Q3. マウス腹水から硫安分画や透析を行わずに直接抗体を精製することはできますか?
Q4. サンプル量がシリンジ容量より多い場合は?
Q5. 送液時間はプロトコール記載どおりにあわせた方が良いのですか?
Q6. 抗体の精製収量が悪いのですが?
Q7. 大量の抗体を精製したいのですが?
Q8. 使用後、カラムを洗浄して再使用することはできますか?
Q9. Ab-Capcher、Ab-Rapid PuRe は、ウサギ血清からの IgG 精製に使用できますか?

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

Q1. Ab-Rapid PuReカラムの他に準備するものは?

A. Ab-Rapid PuReカラムはルアーロックアダプターが同梱されておりますので、シリンジと下記のbufferを準備していただければ抗体を精製できます。
  ・結合buffer:PBS
  ・溶出buffer:0.1 M Glycine-HCl, pH 2.8
  ・中和buffer:1 M Tris
 これらのbuffer類は「Buffer Kit (Code No. P-011)」として販売もしておりますので、ご利用ください。
 シリンジにつきましては2.5 -10 mLのディスポーサブルシリンジをおすすめします。

Q2. ラットの抗体は精製できますか?

A. Ab-Rapid PuReは、Ab-Capcherゲルをスピンカラムに充填した製品です。Ab-Capcherと同様にラット血清からIgGを精製できます。アプリケーションデータNo.003 「Ab-Capcher を用いたラット血清IgGの精製」をご参考ください。

Q3. マウス腹水から硫安分画や透析を行わずに直接抗体を精製することはできますか?

A. マウス腹水から、結合buffer (Buffer Kit) による希釈のみで、Ab-Rapid PuReカラムに添加し、抗体を精製することができます。精製プロトコール例は、アプリケーションデータNo.006 「Ab-Rapid PuRe によるモノクローナルマウスIgG1のワンステップ精製」としてご紹介しております。

Q4. サンプル量がシリンジ容量より多い場合は?

A.  A. サンプル液量がシリンジの容量より多い場合は、
  (1) より大きいサイズのシリンジをサンプル添加用としてご用意いただく、
  (2) 容量内のサンプルをシリンジに入れてカラムに送液する操作を繰り返す、
  (3) 自然落下で連続的に添加する、
のいずれかの方法により対応可能です。
  なお、容量の大きいシリンジを使用する場合はカラムを押すちから加減が難しくなりますので、送液が速くなりすぎないよう、ご注意ください。

Q5. 送液時間はプロトコール記載どおりにあわせた方が良いのですか?

A. プロトコールに記載の送液時間は、抵抗を感じない程度に2.5 mLシリンジを押した場合の速度目安です。送液を遅くすることにより抗体の収量が増大する場合もありますので、シリンジをゆっくり押して送液を遅くしてもかまいません。逆に、送液が速すぎると抗体精製量が減少する可能性がありますので、シリンジを強く押しすぎないようご注意ください。

Q6. 抗体の精製収量が悪いのですが?

A. まずは、流速を下げてみて下さい。流速の目安については、Q5.およびAb-Cpcher Q4.をご参照ください。
 Ab-Rapid PuReおよびAb-Capcher(バルク製品)は従来のProtein AゲルやProtein Gゲルに比べ、特にマウス、ラットのIgG に対する親和性が強いという特徴があります。このため、溶出bufferのpHが高い(pH 5-6)と、結合した抗体のうち一部しか溶出されません。例えばマウスIgG1の場合、pH 4以下での溶出を推奨します。
 また、結合bufferのpHと塩濃度を高くする(例.1.5 M Glycine-NaOH, 3 M NaCl, pH 9.0)ことでマウスIgG1及びラット血清 IgGの結合量を増大させることができました。ただし、IgGの溶出パターンがPBSの場合と異なる点にご注意ください。詳しくはアプリケーションデータNo.001「Ab-Capcher を用いたモノクローナルマウスIgG1の精製(1)」及びアプリケーションデータNo.004「Ab-Capcher を用いたラットIgG精製における結合buffer pHの影響」をご覧ください。

Q7. 大量の抗体を精製したいのですが?

A.  Ab-Capcherゲルのバルク製品(2, 10 mL)を販売しておりますので、バッチ法あるいはオープンカラムに充填することで大量精製が可能です。また、液体クロマトグラフィー用プレパックカラムも現在開発中です。

Q8. 使用後、カラムを洗浄して再使用することはできますか?

A. Ab-Rapid PuReカラムはアルカリ洗浄が可能です。カラムを再利用する場合、IgG溶出操作後に0.1 N NaOH 2.5 mLをシリンジにて送液し、カラムを洗浄してください。続けて使用する場合は結合buffer 2.5 mLを2回送液し再平衡化後、サンプル添加操作へ移ります。カラムを保存する場合は、20%エタノール2.5 mLを送液してからキャップとプラグをしっかり閉めて冷蔵(4-8℃)にて保存してください。
 なお、再利用する場合には、クロスコンタミネーションに充分に注意してご使用ください。

Q9. Ab-Capcher、Ab-Rapid PuRe は、ウサギ血清からの IgG 精製に使用できますか?

A. ウサギ血清 5 mL から Ab-Capcher 1 mL で IgG を 17mg 精製した例はございます。推測ですが、Ab-Rapid PuRe (Ab-Capcher 0.5mL 充填) であれば、半分の 8 mg 程度は結合すると考えられますが、シリンジで液を流す場合、精製量はその半分量としてください。従いまして Ab-Rapid PuRe 1本で約 4mg のウサギ IgG が精製できる計算になります。 1例として、ウサギ血清には約 10mg/mL の IgG が含まれていますので、0.5mL のウサギ血清を結合バッファー (PBS)で 3〜5 倍希釈して Ab-Rapid PuRe に添加、洗浄、溶出して、約 4mg 程度 (収率 80% ) の IgG が精製できるのではないかと考えられます。計算上は 0.4mL の血清量が最大となります。 なお、結合量は流速に依存いたしますので、<性能を引き出すためのコツ>をご参考ください。
スピンカラム精製用の「Ab-Rapid SPiN」を用いて、各種動物血清(ヒト、ウサギ、ヤギ、マウス、ウシ胎児血清(FBS))からIgGを精製した結果をご紹介します。アプリケーションデータ No.021「Ab-Rapid SPiN を用いた各種動物血清からのIgG精製」をご覧下さい。